スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

6月, 2019の投稿を表示しています

ErgoDash build log

初めて自作キーボードを組み立てた。 ということで、記事に残しておく。因みにこの記事は、キーボードに慣れるために、自作したErgoDashで書いている。 経緯 Irisいいなーと思っていたが日本国内ですぐ買えるところが見当たらなかったので、ErgoDashを買ってみた。 購入 必要なキットは遊舎工房さんで全て揃えた。 ErgoDash   左右分離型、格子配列のかっこいいキーボード。 数字キーもあって、親指キーが充実している。 自作キーボードはじめようと思ったきっかけが小指が腱鞘炎になりかけていたことなので、ShiftとかCtrlとか全部力強い親指に集約したかった。きっとEmacsキーバインド使いの方はわかってもらえるはず。小指死ぬ。 遊舎工房さんで販売されているのは、基板とかダイオード、Arduino Pro Microからケースまでいろいろ揃っているキット。 あとはキースイッチとキーキャップ、左右をつなぐイヤホンケーブルを買うだけで作れてしまう。 こうやってセットになっていると、僕のような初心者であっても間違った部品を買ってしまって時間と金を吸い取られるようなトラブルが無くなって嬉しい。  Kaith Speed 銀軸 僕はMBPのめちゃくちゃ高速入力ができるペチペチキーボードが大好きで、それくらい高速に入力できるスイッチが欲しかったのでこれを購入。10個 x 7セット。 正直後悔している...あまりに浅いところで反応するので、狙ったキーとその周りが同時に入力されてしまいやすい。まあ慣れの問題かな... 重さ自体はちょうどいい感じがする。 音はMBPをちょっと高くしたような感じで、大きさとしては同じくらい。図書館とかでは流石に静音化対策をしないと使えないかもしれない。 MDA BigBang キーキャップ。MDAという形状で、なんか上の方のキーから中央に向かってたわんでおり、中央の列以降はまた反り返っている。昇華印刷らしい。いい感じ。 差し色のオレンジキーはかっこいいが、緑はあんまり好きじゃなかったので使っていない。 そもそも選択肢がこれくらいしかなかった。海外で探せばもっと色々ありそう。 この他に、左右のキーをつなぐイヤホンケーブル(TRRSケーブル)も遊舎工房さんで買っている。あとPCと